ブックメーカー方式のオッズ(倍率)

ブックメーカーは、オッズ(倍率)の付け方が、日本でなじみのある倍率とはちょっと違いますので注意が必要です。

そもそも、このオッズは、方式が違います。

一つ目は、パリミュチェル方式(トータリーゼ方式)。

これが日本の国営ギャンブルの賭け方です。

プレイヤーが賭けた総額からあらかじめ胴元が手数料分の割合を控除し、
残ったお金がプレイヤーに還元される原資となるシステムです。

確実に胴元が儲かる仕組みというものですね。

これは、賭け金の集まり具合や偏りに応じて直前までオッズが変動し、プレイヤー全員の賭けはその変動の影響を受けます。

ですので、倍率自体はプレイヤー対プレイヤーの構図です。集まれば配当が弱くなり、集まらなければ配当が強くなります。

 

これに対してブックメーカー方式は、

胴元対プレイヤーという構図がはっきりしており、賭ける対象にブックメーカーがオッズを提示、
プレイヤーはそのオッズが適正かどうかを見極めて賭けます。

賭ける時点で的中時の配当も計算され、以降オッズがどれだけ変化しても配当額は変わりません。

例えば、あるサッカーの試合でAチームに2倍ついていて「よし、これに賭けよう」ということでBetした場合、試合直前にオッズが1.7倍に下がっていたとしても影響を受けることなく、Aチームが勝ったら2倍の配当が受けれます。

 

 

 

 

ピックアップカジノ&ブックメーカー

williamhill
ウィリアムヒルについて

ウィリアムヒルについて

WilliamHILL(ウィリアムヒル) ※ウィリアムヒル公式サイトはこちら   ウィリアムヒルは、スポーツブックで有名なブックメーカーであり、オンラインカジノもその名に恥じる事のないクオリティを維持しています…